障害を抱える人の中にはなかなか勤め先が決まらず参っているといった方が東京都でも珍しくないです。そうした人に向けてハローワークにおいては専任スタッフが職探しのフォローから職に就いた後も悩相談ができる等といった後押しをします。また、障害に理解を示して障がい者枠を設けて求人をする会社も多くなってきています。障害者手帳の等級に関わらずフォローを望めて、障害者総合支援法に規定された支援を実施している就労移行支援事業所においては障害者向けの職業訓練や面接試験対策等についてのフォローを受けることが出来ます。

日本国内においては女性の内60パーセント以上の方が妊娠などを機に会社を辞めますが、実際は25から49歳までの女性の300万人を超える人が仕事したいといった意思があるのが実際です。内閣府の予想によると、そういった方たちが働くとGDP(国内総生産)が1.5%拡大する見込んでいます。育児中の方が再度働くのをサポートすることを役目として厚生労働省が設立したのがマザーズハローワークで育児をしながら仕事をすることが可能な会社の斡旋を行っています。利用者の仕事が見つかる率も高くなっていて、マザーズハローワークの数も少しずつ増加しています。