失業保険を指定期間ギリギリまで受給してから勤めようという方は徳島県でも少なくないですが、就職を促進することを目指した就業促進手当という仕組みも整えられています。失業給付金をもらう認定を得られた後に再就職した方で、給付期間の残りの日数が1/3以上あって、1年以上働く見込みの時に再就職手当を受給することが可能です。残り日数が2/3以上あるときは60%、1/3以上の場合には50パーセントをもらうことが可能です。遡って3年以内に就業促進手当を受給していないことが条件になります。

失業保険を受給できる期間については、徳島県でも何年勤めたかと年齢と職を離れた理由によって差が出ます。自己都合によって退職した人で65歳未満である時では働いた年数が1年以上10年未満なら90日、20年未満であれば120日、20年以上であるならば150日になります。仕事を辞めた理由が会社都合の特定受給資格者は、自己都合離職の方の期間より長めになり、その分もらえる金額についても高くなります。自己都合によって会社を辞めた場合は3ヶ月の給付制限が定められていて、一定期間を過ぎないと失業給付金の支給がされないことになっていますが、会社都合によって会社を辞めた方は特定受給資格者となるため、それらの制限は出てきません。