失業保険の給付期間は静岡県でも会社に在籍した年数と年齢と退職理由で変わってきます。自己都合によって仕事を辞めた方で65歳未満の事例では勤続年数が1年以上10年未満で90日、20年未満ならば120日、20年以上であるならば150日です。離職した理由が会社都合の特定受給資格者については、自己都合退社の方の期間とくらべて多くなり、それだけ受給額についても高くなります。さらに、自己都合にて辞めた時には3カ月の給付制限というものが定められていて、指定された日数が経たないと失業保険をもらえないようになっていますが、会社都合により職を離れたときは特定受給資格者になるので、そういう制約は出てきません。

日本国内では女性の内60パーセント以上の方が妊娠等をきっかけに退職しますが、実は25から49歳の女性のうち300万人超の人が会社に勤めたい意欲があるというのが実際の所になります。内閣府の予想によると、そうした人達が労働参加するとGDPが1.5%増加すると考えられています。育児をしている人が再就職するのを手助けすることを目指して厚労省が置いたのがマザーズハローワークであり子育てと両立して仕事をできる働き口の斡旋をしています。利用する人の就職率も高く、施設の数も徐々に増加傾向です。