ずっとバイトとして雇用されていて正規雇用の職に就きたいというような方は転職サイトを使うのが沖縄県でもおすすめです。転職サービスには正規雇用の方が新たな企業へ正規雇用として転職するときに使う物というような印象を持つ方が多いですが、正規社員でない方も正規社員を目指したいならば使う事ができます。それぞれに担当者が要望を満たした勤務先を共に調べてくれるケースも少なくなく、自身で正社員採用を目指すよりも働き口が決まりやすいですし、面接試験対策などについて専門家からバックアップも得られます。

職がない若者の数は沖縄県でもなかなか減らず、卒業後の就職率についても少しずつ低下しています。そうした状況の中で厚労省は正規社員で勤務したい若年層を助けることを目的としてわかものハローワークを各地域に設置しました。ターゲットになっているのは、おおよそ45歳未満としていて、希望者にはひとりひとり担当者が就活や履歴書をどう書くかについてのフォローもしてもらえます。そして、仕事が続かないといった人のために新たな会社で勤めだしてからも相談を受けるなどというフォローも行われています。