失業手当を受給期間いっぱいまで支給してもらってから仕事をしようという人は奈良県でも珍しくありませんが、再就職を急いでもらうために設定された再就職手当というものも存在します。失業手当をもらう資格を満たした後に仕事に就いた人で、受給期間の残りの日数が3分の1以上あり1年以上仕事が続けられる見込みの際に就業促進手当を受給することが可能です。残りの日数が3分の2よりたくさんある際には60%、1/3以上の際には50%を受給することが可能です。直近の3年の間に就業促進手当を貰っていない事が条件です。

障がいを持つ人の中にはどうしても会社が探せないで困っているというような人が奈良県でも珍しくありません。そういった人に向けてハローワークでは専門の職員によって就職活動についてのバックアップや新たな会社で働きだしてからも悩相談ができる等というバックアップを行っています。障がい者のために障害者枠を作って採用を実施する会社も増加しています。身体障害者手帳の所有状況に影響されずに後押しをしてもらえて、障害者総合支援法に定められた援助を実施している就労移行支援事業所では障害のある方向けの職業相談や履歴書の上手な書き方等の指導もしてもらえます。