会社都合で職を離れた特定理由離職者については失業手当を受給できる期間が伸びて受給金額も多くなります。会社都合というと解雇というような例が一般的ですが、ほかにも会社都合として扱われる事例は岩手県でも珍しくありません。給与のダウンや常識外の残業などというような勤務環境が要因で退職したときでも会社都合と認められて特定受給資格者になれるケースもあります。また、家族の転勤などで勤務している仕事場に通うのが難しい地域に転居になるときも特定理由離職者と扱われます。

岩手県で家事をしていきながら勤務したい人をバックアップするために2006年の4月に厚労省が始めたのがマザーズハローワークになります。子育てと仕事を両立したい人であれば男女問わず利用可能になります。利用する方は徐々に多くなりマザーズハローワークの数も増加傾向です。マンツーマンで求職活動関連の助言をしてくれる就職支援ナビゲーターの制度も備わっていて利用者の80%を超える高い成功率を誇っています。併せて、子供と共に職探しができるマザーズコーナーが整っているハローワークも増加傾向です。