障がいを持つ方はどうしても職場が探せないで参っているというような人が兵庫県でも少なくないです。そういった方に向けてハローワークにおいては専任の担当者により就職活動についての指導から新たな仕事に就いた後も相談を受けるなどといったフォローをしています。障害者のために障害者枠を設置して採用をする企業も多くなってきています。身体障害者手帳の所有状況に関わらずフォローを希望できて、障害者総合支援法に規定された支援を実施する就労移行支援事業所では、障害のある人のための職業トレーニングや面接試験をどう受けるかなどについての指導を受けることが出来ます。

失業手当の手続き後の7日の待機期間中も含め、失業手当が支給されているときに短期のバイトで仕事をする事は兵庫県でも認められていますがハローワークへ報告をする必要があります。基準として、4週間の内14日以下、一週間で3以下で、さらに20時間以内であれば許可されることが大部分ですが、申告しないままであると不正受給となります。不正をして失業保険を受け取ったときはもらっていた分すべて以外にも受け取っていた金額の二倍、簡単に言うと3倍の額を返還することを要求されます。例として100万円支給されていた事例は300万を返さなければなりません。