失業保険についての手続き後の7日の待機期間中も含め失業給付金を受給している期間中に短期のバイトやパートで働くことは岐阜県でも許されていますが、ハローワークへ届出する必要があります。基準として、4週のうち14日を超えない、週に日以下で、かつ20時間以内であるなら許可されることが大部分ですが、報告しない場合は不正受給になります。不正をして失業保険を受け取ったときには、もらった分の全額の他に、支払われていた額の二倍、つまり3倍の金額を払う義務があります。例として100万支給されていた場合は300万円を払う義務があります。

ハローワークは失業保険の事務手続き等も扱っています。失業給付金というのは、これまで仕事をしていた方が会社を辞めて、別の会社を見つけるまでの間のお金をバックアップする給付金になります。もらう条件としては、雇用保険に前の1年間に6か月以上入っていることが求められますパートやバイトで働いていた方は2年で十二ヶ月間超入っていた事が条件です。岐阜県でも仕事をする気持ちがあり、何時でも勤務できる必要がありますし、就職活動も行っていることが不可欠です。